October 9, 2011

KASURI

IMGP9074

IMGP9121

IMGP9088

IMGP9078

IMGP9098

IMGP9123

IMGP9126


IMGP8995

IMGP8997

IMGP9007

IMGP9017

IMGP9034

IMGP9053

IMGP9045

IMGP9064

IMGP9120



IMGP9133

IMGP9136

IMGP9140


お休みの日に、久留米絣が作られている場所を訪ねてきました。
とても天気のいい日で、澄んだ空気の中
藍の香りがふわ〜っと漂い、
いくつも並んだ藍色の瓶のある風景は、ただならぬ空気でちょっとどきどき。
工房の方へ行くと、カシャンカシャンカシャンと絣の織られる音が響きます。
糸から1枚の布が出来上がるまでにいくつもの工程があり、
それは想像以上に、手間がかかり奥深いことを実感する事ができたのでした。

絣の布は贅沢なものなんだなぁと、その仕事を見るたびに思ったのですが、
昔から作られ、使われてきたからこそ、その工程には時間と手間がかかり
今、私たちには、そう感じるのだと思いました。

家に帰ると、いつもの日常にとけ込んでいる絣の布が、
昔の人のくらしの一部を引き継いでいるようで
ますます大好きになってしまっていました。